楢崎智亜

 スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ最終日は31日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝までが終了し、栃木県勢男子は東京五輪代表の楢崎智亜(宇都宮市出身、TEAM au)が3位で同日夕に行われる決勝に進んだ。男子の楢崎明智(同)は12位、川又玲瑛(宇都宮南高)は13位、女子の葛生真白(小山西高)は17位でそれぞれ敗退した。

 男子は天笠颯太(日大)、女子は野中生萌(XFLAG)が1位通過。東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)は7位で敗退した。決勝は男女各6人が争う。