第2クオーター、ブレックスの比江島がシュートを決める=大田区総合体育館(C)B.LEAGUE

 バスケットボールB1は30日、各地で10試合を行い、東地区首位の宇都宮ブレックスは東京都大田区総合体育館で同地区のSR渋谷と対戦、71-77で競り負け、今季初の連敗を喫した。後半戦初戦を白星で飾れず、通算24勝7敗としたが地区首位はキープした。

 ブレックスはライアン・ロシターと渡辺裕規(わたなべひろのり)が今季初の欠場。第1クオーター(Q)は一進一退の展開でターンオーバーからの失点で先行されたが、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)、テーブス海(かい)の3点シュートで食らい付いて17-18。第2Qは序盤に連続6失点を許したが鵤誠司(いかるがせいじ)、ジョシュ・スコットのスチールなどで粘って34-39で折り返した。

 第3Qは要所でミスを重ねて一時はリードを10点差に広げられたが、LJ・ピークやテーブスの個人技からの得点で追い上げ51-58。第4Qはピークの14得点の活躍などで残り4分で68-66と逆転に成功したが、そこから守備が踏ん張れずに再び勝ち越しを許し、振り切られた。

 次戦は31日午後2時5分から、同会場でSR渋谷と対戦する。