ショートトラック成年男子1000メートル決勝 県勢初の2位に入った河合(右、県スポーツ協会)=日本ガイシアリーナアイスリンク

スピードスケート成年女子1500メートル決勝 4位入賞した北原(県スポーツ協会)=クリスタルパーク恵那スケート場

フィギュア成年女子総合23位の小室(早大)のフリー=日本ガイシアリーナアイスリンク

ショートトラック成年男子1000メートル決勝 県勢初の2位に入った河合(右、県スポーツ協会)=日本ガイシアリーナアイスリンク スピードスケート成年女子1500メートル決勝 4位入賞した北原(県スポーツ協会)=クリスタルパーク恵那スケート場 フィギュア成年女子総合23位の小室(早大)のフリー=日本ガイシアリーナアイスリンク

 第76回国民体育大会冬季スケート・アイスホッケー競技会第4日は30日、名古屋市の日本ガイシアリーナアイスリンクほかで各競技を行い、栃木県勢はショートトラック成年男子1000メートルで河合健朗(かわいたつろう)(県スポーツ協会)が1分34秒219で準優勝に輝き、スピードスケート成年女子1500メートルで北原(きたはら)もえ(同)が2分8秒50で4位入賞した。

 ショートトラック成年男子1000メートルの斎藤慧(さいとうけい)(同)は準々決勝敗退。成年女子1000メートルの山浦美和子(やまうらみわこ)(同)は順位決定戦で失格となった。

 スピードスケート成年男子2000メートルリレーの本県は1組1位で決勝進出。フィギュア成年女子で2年連続でフリーに進出した小室笑凜(こむろえみり)(早大)は総合23位だった。