学生らによるメディア芸術作品が並んだ宇都宮市民芸術祭「メディア芸術部門」

 【宇都宮】第39回宇都宮市民芸術祭「メディア芸術部門」が23、24の両日、市文化会館展示室で開かれ、メディア芸術に取り組む学生らの力作が並んだ。

 市内には漫画やアニメ、デジタルアートなどのメディア芸術に積極的に取り組む学校が多い。同部門は若い世代に発表の場を提供し、市民にメディア芸術を知ってもらうため、プレ事業として初めて開かれた。