車が行き交う中、窓に浮かび上がるハート模様=29日午後6時半、県庁

 新型コロナウイルス感染症に携わる医療従事者らに感謝の気持ちを届けようと、県庁本館南側窓に赤いハート模様を浮かび上がらせる「ハートライトアップ」が行われている。

 ハートライトアップは国による緊急事態宣言の対象区域に本県が追加されたことを受け、県が来月7日までの宣言期間中の毎週金曜日午後6~8時に実施。県庁昭和館でも同日まで毎日、医療従事者らへの感謝を示す「ブルーライトアップ」を行っている。29日夜も冬空に本館と昭和館の明かりが浮かび上がった。

 県内の新規感染者数は減っているものの、依然として医療提供体制の逼迫(ひっぱく)が続いている。県保健福祉課の担当者は「医療従事者の負担を少しでも和らげるため、県民の皆さまには引き続き感染症対策に協力していただきたい」と呼び掛けている。