県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(29日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(29日発表)

 栃木県と宇都宮市は29日、計44人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。佐野市の病院では31例目のクラスター(感染者集団)が発生し、同日までに入院患者と職員計7人の陽性が判明した。県内の累計感染者は3731人。また県は同日、医療機関に入院していた患者1人が死亡したことを明らかにした。県内の死者は計42人となった。

 佐野市の病院は27日に患者1人、28日に他の6人の感染が確認された。29日現在で362人の患者が入院、788人の職員が勤務しており、感染した患者3人は同じ病棟だった。職員の衛生管理不足が原因の一つとみられるという。

 他のクラスター関係では、16例目の鹿沼病院で患者2人、27例目の宇都宮市の医療機関で患者8人と医療従事者1人の計9人、29例目の足利市の高齢者施設で利用者と職員計2人の感染がそれぞれ確認された。

 新規感染者は10~80代の男女。いずれも重症化していない。居住地別では宇都宮市18人、小山市5人、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須塩原市各3人、下野市2人、真岡市、那須町各1人。県外2人だった。

 県と宇都宮市は29日、計314件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は10万3982件、退院者3064人、入院者163人、宿泊療養者79人、入院調整中310人、重症者17人となった。