国学院栃木高

石橋高

国学院栃木高 石橋高

 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が29日、大阪市内で開かれ、出場32校が決まる。栃木県勢は昨秋の関東大会で国学院栃木が8強入りした他、21世紀枠の候補9校に石橋が入っており、選出されるかが注目される。国学院栃木が選ばれれば3年ぶり5度目、石橋が選ばれれば春夏通じて初の甲子園出場となる。

 国学院栃木は昨秋の県大会で優勝し、関東大会では1回戦で東京学館(千葉2位)に6-5で勝利。準々決勝では後に優勝した高崎健康福祉大高崎(群馬1位)に1-8で八回コールド負けした。

 石橋は昨秋の県大会で準優勝し、関東大会では1回戦で東海大相模(神奈川1位)に0-7で七回コールド負け。県内有数の進学校で学業と部活動を両立させて好成績を収めていることなどが評価され、21世紀枠の関東・東京地区候補校に選出された。

 出場校のうち、一般選考は28校で21世紀枠は例年より1校多い4校。出場校は午後3時半ごろから順次発表される見通し。県勢の出場が決まれば2018年の国学院栃木以来3年ぶり。21世紀枠での出場が決まれば06年の真岡工業以来2校目となる。