梅木さんが考案した「豆乳クリームの和・ミルクレープ」(日本豆乳協会提供)

優秀賞の梅木さん

梅木さんが考案した「豆乳クリームの和・ミルクレープ」(日本豆乳協会提供) 優秀賞の梅木さん

 豆乳を使ったアイデア料理のレシピを高校生らから募る「第7回豆乳レシピ甲子園」(日本豆乳協会主催)のスイーツ・デザート部門で、宇都宮中央女子高総合家庭科3年梅木優月乃(うめきゆづの)さんの「豆乳クリームの和・ミルクレープ」が優秀賞に輝いた。

 大会は「スイーツ・デザート」「郷土料理」「豆乳おかず」「豆乳×野菜」など5部門があり、味や料理のしやすさ、オリジナリティーの点から審査する。今回は全国から約1800点の応募があり、各部門で最優秀賞1点、優秀賞2点が選ばれた。

 梅木さんは「コロナ禍で外に出る機会がないからこそ、家でできる何かをしたい」と同コンクールに挑戦。豆乳入りのもちもちしたクレープ生地にあっさりした豆乳クリームが見事にマッチした同作を考案した。

 普段からお菓子作りに豆乳を活用しているという梅木さんは、同作で調製豆乳を計約1リットルとふんだんに使用。クリームが緩くならないよう小麦粉を多めにし、大豆独特の癖の強さをあんこで抑え、和風テイストに整えた。

 将来は社会福祉の道を志し、進学準備にいそしんでいる梅木さん。「料理は趣味で続けていきたい」とはにかんだ。