【エルサレム共同】イスラエルで新型コロナワクチンの全2回の接種を終えた人のうち、1週間以上経過後に感染が確認された割合は0・01%にとどまっていることが27日、初期調査の結果で分かった。複数の地元メディアが伝えた。