とちぎまんぷく列車の乗客らをもてなす「ゆるキャラ」たち=23日午後、JR宇都宮駅

 JRグループの大型観光企画「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」の一環として23日、本県のさまざまな味覚を楽しめる臨時のお座敷列車「とちぎまんぷく列車」がJR新宿-黒磯駅間で運行された。宇都宮駅では同駅のゆるキャラ「みやゴロくん」らが出迎え、乗客をもてなした。

 まんぷく列車は大宮駅などを経由後、小山や氏家、那須塩原など県内の8駅に停車。約130人の乗客は、県内各駅でおやま和牛ステーキ串や高根沢焼ちゃんぽん、矢板のふじ林檎(りんご)ゼリーなどに舌鼓を打った。