県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(25日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(25日発表)

 栃木県と宇都宮市は25日、計18人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。20人を下回るのは昨年12月21日以来、35日ぶり。累計感染者は3574人となった。また県は同日、入院中の患者2人が死亡したと発表。県内の死者は計38人となった。

 医療機関の休診などの影響で月曜日は新規感染者数が減る傾向にあり、県対策本部は「ピーク時に比べ減少傾向ではあるが、引き続き注意が必要」としている。

 新規感染者は10歳未満~90代の男女。居住地別では宇都宮市5人、鹿沼市3人、小山市、栃木市、下野市各2人、大田原市、那須塩原市、高根沢町、茂木町各1人。クラスター(感染者集団)関連では、県内16例目の鹿沼病院で新たに患者1人の感染が判明。感染者は計115人に上っている。

 県と宇都宮市は25日、計46件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は9万9879件、退院者2715人、入院者174人、宿泊療養者77人、入院調整中464人。重症者は21人となった。