本県の基幹的農業従事者の推移

 農林水産省が23日までに発表した2020年の農林業センサス(速報値)によると、農業を主な仕事とする本県の「基幹的農業従事者」は4万2855人で、15年の前回調査(確定値)から19・0%減少した。65歳以上の割合は69・5%で7・5ポイント増え、平均年齢は67歳を超えた。担い手の減少と高齢化がさらに進み、農業の構造的な課題が改めて浮き彫りになった。

 基幹的農業従事者は減少傾向が続いている。その減少幅を見ると、00~05年は3・6%、05~10年は4・5%だったのに対し、10~15年は15・5%、15~20年が19・0%と増大した。