「究極いちごのフルコース」の5品(手前から時計回りにリゾット、カプレーゼ、ミルフィーユ、デザート、鴨のロースト)

コース料理を考案した若色さん(左)とスカイベリーを提供している高山さん

「究極いちごのフルコース」の5品(手前から時計回りにリゾット、カプレーゼ、ミルフィーユ、デザート、鴨のロースト) コース料理を考案した若色さん(左)とスカイベリーを提供している高山さん

 イチゴの生産日本一の真岡を食でもPRしようと、真岡市荒町のイタリア料理店「トラットリア・ココロ」のオーナーシェフ若色謙次(わかいろけんじ)さん(44)とイチゴのスイーツなどを移動販売している高田、高山真由美(たかやままゆみ)さん(38)のコラボレーションで「スカイベリーのフルコース」が誕生した。高山さんの夫(47)が生産するこだわりのスカイベリーを存分に堪能してもらおうと若色さんが試作を重ね、メインを含む5品全てに旬の果実を使う。2月上旬にも同店で提供を始める予定だ。

 コースはアンティパストの「トマトとスカイベリーのカプレーゼ」から始まり、薄くスライスした生ホタテとスカイベリーを交互に重ねレモン汁やオリーブオイルで味を調えた「ホタテとスカイベリーのミルフィーユ」に続く。