トランプ前大統領一家の人形(奥)と入れ替えられるバイデン大統領(手前中央)やハリス副大統領(同左)らの人形=21日午前11時半、日光市鬼怒川温泉大原

 米国のジョー・バイデン新大統領の就任を受け、日光市鬼怒川温泉大原のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」の展示物の一角に21日、バイデン大統領の人形がお目見えした。

 展示されているホワイトハウス前に、これまで4年間設置されていたドナルド・トランプ前大統領一家の人形と入れ替えられた。

 新型コロナウイルス禍が続く中、人形も園内初となるマスク姿で登場。昨年10月下旬に大統領選の期日前投票をした時の姿で、高さ7.3センチ。同園の人形制作担当者がほかの展示物と同様、25分の1サイズで再現した。両隣には初の女性副大統領となったカマラ・ハリス氏とファーストレディーのジル夫人の人形も並ぶ。

 同園の大塚愛子(おおつかあいこ)副支配人は「感染収束の際はマスクを外したバイデン大統領の人形をあらためて用意する。早く設置できればいい」と願っていた。