性犯罪法改正後の課題指摘 角田弁護士が講演 宇都宮

 女性の権利に関する事件を多く手掛ける角田由紀子(つのだゆきこ)弁護士が11日、宇都宮市内で講演し、「性暴力で侵害されたのは被害者の人権であることが理解される必要がある」と訴えた。

 県地方議会女性議員連盟(会長・山田美也子(やまだみやこ)県議)主催のオープン講座で、県内の女性議員や自治体・女性団体関係者ら約80人が参加した。

 角田弁護士は制定から110年ぶりに見直された性犯罪を厳罰化する改正刑法に関する有識者会議で委員を務めた。