【足利】市は20日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う成人式延期により発生したレンタル衣装キャンセル料の助成金について、2月1日から申請を受け付けると発表した。

 今年の新成人が成人式のために業者から借りた衣装のレンタル料のうち、キャンセル料として支払った費用が対象。キャンセル料の半額(上限3万円)を助成する。

 申請が必要で、所定の申請書に領収書など支払いを証明できる書類を添えて郵送する。申請書は市ホームページ、市教委生涯学習課青少年センターで入手できる。申請受付期間は12月28日まで。

 市は当初、成人式を1月10日に予定していたが、10月31日に延期した。新成人は約1400人で、このうち女性の人数やレンタルを利用する割合などを勘案し、助成件数は300人程度を見込んでいる。

 (問)同センター0284・20・2227。