氷結した華厳の滝=20日午前11時5分、日光市中宮祠

 一年で最も寒い時季とされる大寒の20日、奥日光の華厳の滝では滝の一部が凍結し幻想的な景観を作り出していた。

 宇都宮地方気象台によると、この日の県内の最低気温は奥日光で氷点下12・6度、宇都宮が同6・3度、真岡で同9・6度となるなど各地で厳しい冷え込みとなった。

 奥日光は快晴となったが、最高気温は氷点下1・7度にとどまった。竜頭の滝や湯ノ湖も凍結しており、周辺は厳冬期の様相だ。

 日光自然博物館によると、ことしは積雪こそ少ないものの冷え込みは例年より強いという。担当者は「気候によるが華厳の滝は3月中までは凍結しているだろう」と話した。