家具、家電を中心としたリサイクル店「オトワ リバース&リバイバルワークショップ」の店内=宇都宮市

 宇都宮市陽東5丁目でリサイクル店「オトワ リバース&リバイバルワークショップ」を運営するオトワ(同所、永祚純(えいそじゅん)代表)は、主力商品である家具、家電の買い取り事業を強化する。

 同社によると、衣類や貴金属と比べて、家具や家電はリユース(再使用)率が低く、粗大ごみとして処分されたり、物置などに眠っていたりする。背景には「引き取る際の手間やコストがかかるほか、中古品としてネット上で取引するにも個人間では難しい面がある」と永祚代表は説明する。