ワタリガニのトマトクリームソース

シックなテーブルで統一したおしゃれな店内とオーナーシェフの慶野さん

ワタリガニのトマトクリームソース シックなテーブルで統一したおしゃれな店内とオーナーシェフの慶野さん

 ワタリガニのうまみを最大限まで引き出した濃厚なトマトクリームソースが、リボン状でやや幅広の麺「タリアテッレ」によく絡む。もちもちとした食感、鼻から抜ける上品なニンニクの香り。あっという間に皿の麺が消えていった。

 東武佐野線沿線ののどかな住宅地に、白を基調とした瀟洒(しょうしゃ)な建物が現れる。銀座や新宿で経験を積んだオーナーシェフの慶野大介(けいのだいすけ)さん(43)が「都内に出なくても、おいしいものを食べられる」をコンセプトに、6年前にオープンさせたフレンチとパスタの店だ。

 随所にこだわりがあるが、特にニンニクは譲れない。店で使う青森県産ニンニクの価格は海外産の10倍。「うまみや風味が全然違う。自分が納得できないものは出せない」。麺も旧知の業者に発注し、歯切れの良さなどを追求した。

 イタリア・ボローニャではミートソースであえるのが定番のタリアテッレをあえて使うことで、「もちもちした食感と、ソースが麺に引っ付いた濃厚な味わい」を実現した。

 慶野さんは「カジュアルなお店だから気軽に来ていただきたい。うちの味を知ったら、とりこになるんじゃないかな」と話している。

 ◆メモ 佐野市栃本町2480の2。午前11時半~午後2時半(ラストオーダー)、午後6時~9時半(ラストオーダー)。毎週火曜と第3月曜は定休。(問)0283・62・2900。