ヒマラヤセット

異国の雰囲気漂う店内とミサラさん

ヒマラヤセット 異国の雰囲気漂う店内とミサラさん

 鉄板でジューッと音を立てるタンドリーチキン、スパイシーな香りを漂わせるカレー、大人の顔より二回りぐらい大きいナン-。ヒマラヤセット(税込み1390円)は卓上から五感を通じて食欲を刺激する。口に運べば、ジューシーなチキン、クリーミーなカレーとふっくらとしたナンが舌の上で味覚と触覚も満足させる。

 カレーはチキン、キーマなど6種類から選べる。「口が喜んでいるでしょ」。ネパール出身のオーナーで、自ら厨房(ちゅうぼう)に立つサイレンダラ・ミサラさん(43)が満足そうにほほ笑む。

 開店から丸10年。両毛地域で本格的なカレーを提供する最古参店の一つだ。

 カレー、ナンはもちろん、サラダのドレッシングまで手作りにこだわる。「他のカレー店と比べても、ここの味は間違いない」。タマネギを炒めるなどの下ごしらえから自分で手掛け、納得がいく味だけを提供。カレーだけでも約30種類、焼き釜調理のタンドリー(焼き物)も10種類以上と豊富なメニューをそろえる。

 辛さを控えたチキンカレーのお子様セット(同790円)もあり家族で楽しめる。「みんなのおかげで10年続いた」とミサラさん。足しげく通う常連も多い。

 ◆メモ 足利市上渋垂町1243の3。ランチ午前11時~午後3時、ディナー同5時~10時(土日祝日は午後3時から)。火曜夜定休。弁当など持ち帰りメニューもある。(問)0284・73・1901。