お好み焼きオールミックス

店を切り盛りする幡谷さん夫妻

お好み焼きオールミックス 店を切り盛りする幡谷さん夫妻

 立ち上る湯気と表面で躍るかつお節。まず一口。かりっとした外側をかじると、ふわっとした食感がソースの甘みともに口中に広がった。中にはチーズが入っているため、クリーミーな味わい。生地が分厚く食べ応えがあるが、箸が止まらなくなった。

 「てっぱん料理風天(ふうてん)」の看板メニューは「お好み焼きオールミックス」(税別980円)。中と外で食感が違うのは鉄板で焼いた後、オーブンで仕上げるから。「こういう作り方をしているのは珍しいんじゃないかな」。店主幡谷通明(はたやみちあき)さん(50)は胸を張る。具材に使うのはエビやタコ、豚肉など。

 幡谷さんは20年ほど前に現在地へ店を構え、奥さんの典子(のりこ)さん(50)と夫婦2人で店を切り盛りしてきた。駅に近い土地柄から出張客が訪れることもあり、「前に関西から来たお客さんが満足して帰ってくれた。本場の人が喜んでくれて自信になった」と振り返る。

 客の要望で出すようになった自家製ハンバーグ(税別750円)も人気の一品。

 2人は「長く続けてこられたのは地元の人たちのおかげ。味を変えずにやってきたのも良かったのかも」と声をそろえる。これからも、変わらぬ味を守っていく。

 ◆メモ 小山市城東2の6の6。午後6~11時ラストオーダー。日曜定休。(問)0285・25・9125。