ひまわりオムライス

レトロな喫茶店風の店内と店長代理の高橋さん

ひまわりオムライス レトロな喫茶店風の店内と店長代理の高橋さん

 梅雨空続きの記録的な日照不足で、野木町の花ヒマワリの成長が遅れている。町役場では26日から始まる町の一大イベント「ひまわりフェスティバル」までに花が咲かないのでは、と気をもんでいる。

 だが、この店では年中満開。薄焼き卵をヒマワリの花びらに見立てた「ひまわりオムライス」(980円)のことだ。中心にはデミグラスソースを掛けたハンバーグが鎮座し、卵の下はケチャップ味のチキンライス。昔懐かしい味ながら、かわいらしい見た目が「インスタ映えする」と評判がいい。

 野木町商工会の呼び掛けで町内の飲食店が協賛する「のぎめし」に、昨年夏から登録されている。メニューを考案した店長代理の高橋智恵(たかはしちえ)さん(48)は「この形に落ち着くまで1カ月ぐらい試行錯誤した」と苦笑いする。作り置きはせず、冷凍食品も使わないのが店の主義。「いかに手早くヒマワリの形ができるかも考えた」という。

 付け合わせのサラダは町内産の水菜とトマト。ドレッシングには粉末にしたヒマワリの種を使っている。「殻をペンチで一つずつ割るから、手間が掛かる」とこぼすが、リピーターの多さと反響の大きさが励みになっているという。

 ◆メモ 野木町丸林572の8。午前11時~午後3時、午後6時~9時。月曜定休。(問)0280・55・2317。