正月飾りやお札などに点火する神職たち

 【足利】正月飾りや古いお札などを焼く「焼納祭(どんと焼き)」が15日、伊勢町2丁目の伊勢神社で行われ、同神社の総代や参拝者たちが火に当たりながらことしの健康などを祈った。

 同神社が「新型コロナウイルス禍だが、日本らしい季節を感じてほしい」と小正月に合わせて初めて行った。環境に配慮してあらかじめビニールなどは取り除き、感染対策で参列者は10人ほどに抑えた。

 社殿前のおたき上げ場を縄で四方に囲った中で提箸照之(さげはしてるゆき)禰宜(ねぎ)が神事を行い、お札などに杉の葉で点火すると炎が立ち上った。

 提箸禰宜は「緊急事態宣言が出されているが、おたき上げの炎、煙によって足利、栃木県、日本、世界がことし1年、無病息災であるよう願った」と話した。