県無人自動運転移動サービス推進協議会の本年度第2回会合が14日、オンラインで開かれ、県は茂木町で予定している自動運転の実証実験を2月28日~3月14日に実施することを明らかにした。地域住民や一般の乗車モニターを募り、県内の自動運転実験では初めて交通規制されていない公道を走行する。

 運行ルートは道の駅もてぎと茂木駅、ふみの森もてぎを結ぶ往復約3.7キロ。午前9時~午後4時に5、6便を運行する。車両は自動運転システムを搭載したマイクロバスを使い、最大乗客数は9人。予約制のモニターのほか、当日自由に乗れる枠も確保する。運賃は無料。