僧侶が福豆などをまく代わりに参拝者に手渡した光丸山法輪寺の豆まき

 天台宗の古刹(こさつ)、大田原市佐良土の光丸山法輪寺で14日、恒例の一足早い豆まきが行われた。今年は人の密集を防ぐため、福豆などはまかずに、僧侶らが袋に入れて参拝者に一つ一つ手渡した。

 同寺では厄よけ大祭として毎年この日に豆まきを行っており、江戸時代から続く伝統行事という。