野球独立リーグ、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは13日、元ソフトバンクの巽真悟(たつみしんご)投手コーチ(33)と八木健史(やぎたけし)バッテリー兼育成コーチ(30)の退任を発表した。巽氏は2019年から投手コーチを務め、八木氏はリーグ参戦初年度の17年から2季、捕手兼コーチとして活躍し19年からコーチ専任となっていた。