車内混雑度表示のイメージ

 関東自動車(宇都宮市簗瀬4丁目、手塚基文(てづかもとふみ)社長)などは13日、路線バスの混雑状況をリアルタイムで可視化する実証実験を始めた。2月11日まで。混雑を回避し、快適なバス移動に役立つ情報発信の実現を目指す。

 同社の親会社、みちのりホールディングス(東京都千代田区)、ナビアプリ開発のナビタイムジャパン(東京都港区)と共に実施する。

 混雑状況の計測に、近距離無線通信「ブルートゥース」信号を検知するブルートゥース・ロー・エナジー(BLE)スキャンを活用する。関東自動車のバス3台にBLEスキャン搭載の計測用スマートフォンを設置し、乗客のスマホなどから発信される信号を読み取って混雑度を算出する。