新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宇都宮市や足利銀行などは13日までに、職員や行員らの新型コロナウイルスの感染確認を公表した。

 ●宇都宮市 市東消防署の50代男性職員。3日以降、市民との接触はなく、接触があった職員5人は自宅待機中。職場や消防車両を消毒し、通常業務を行っている。

 ●佐野市 市収納課の70代男性職員(会計年度任用職員)。市税の相談業務などを担当している。昨年12月29日から当該職員は出勤していない。

 ●足利銀行 宇都宮市桜4丁目の本店営業部に勤務する行員1人。4~7日は勤務していた。来店客に濃厚接触者はいない。本店営業部を消毒し、12日から業務は通常通り。

 ●栃木銀行 宇都宮市大曽4丁目の大曽支店勤務の行員1人。12日以降出勤していない。客、従業員ともに濃厚接触者はいない。店舗の消毒作業は完了しており、14日から通常通り営業する。