16日に開業するセルフローストショップ「ルビナコーヒー」=7日午前、佐野市

店内の焙煎機「ルビナ」を紹介する磴社長=7日午前、佐野市

16日に開業するセルフローストショップ「ルビナコーヒー」=7日午前、佐野市 店内の焙煎機「ルビナ」を紹介する磴社長=7日午前、佐野市

 業務向けコーヒー焙煎(ばいせん)機「ルビナ」を製造するテクノワールド(佐野市赤坂町、磴一郎(いしばしいちろう)社長)は16日、本社隣接地にコーヒー豆のセルフローストショップ「ルビナコーヒー」をオープンする。焙煎機で自分好みの焙煎を楽しめる。自分で焙煎した豆をひいて飲めるようにして、他にはないカフェ事業としてフランチャイズ(FC)展開を進める方針。

 ショップの運営には専門会社「ナイル」(同)を設立した。ルビナコーヒーは、店舗面積約100平方メートル。焙煎機「ルビナ」を5台設置する。コーヒー豆の種類は20種程度で始めるが、徐々に増やしていき、産地やグレードの異なる50~60種を常備し、さまざまな好みに対応していく予定。