業務が始まったワクチン接種推進係

 【真岡】新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に対応する市の「ワクチン接種推進係」が12日、健康増進課に新設され、配置された職員4人が業務を開始した。

 係は市役所4階の会議室内に置かれ、集団接種会場の選定や芳賀郡市医師会との連絡調整、市民からの相談に対応するコールセンターの設置などを担う。65歳以上の高齢者には3月上旬に「接種券」を発送し、同月下旬の接種開始を目指して準備する。

 石坂真一(いしざかしんいち)市長から辞令を受け取った金田幸司(かねだこうじ)係長は「多くの人に接種してもらうため、市民への周知も含めて進めていきたい。タイトな日程だがスピード感を持ち、係を含む全庁が一丸となって取り組んでいく」と話した。