白く覆われた駅前を歩く人々=12日午前7時40分、宇都宮市大通り4丁目

 12日朝、低気圧や上空の寒気の影響により宇都宮市内では雪が降った。

 宇都宮地方気象台によると、同市内では午前6時半ごろから断続的に降雪。昼すぎからはみぞれとなり、積雪はなかった。

 この日の同市内の最低気温は氷点下0.2度。平年より2度以上高いという。

 朝の街中は一時的に雪景色に。通勤や通学の時間帯に降雪が重なり、JR宇都宮駅周辺では足元を気にしながら慎重に歩くサラリーマンや学生らの姿が見られた。