結氷した龍門の滝とその上を通るアキュム

結氷した龍門の滝

結氷した龍門の滝

結氷した龍門の滝

結氷した龍門の滝とその上を通るアキュム 結氷した龍門の滝 結氷した龍門の滝 結氷した龍門の滝

 栃木県那須烏山市内有数の観光名所である「龍門の滝」が、最近の厳しい冷え込みで一部が結氷している。12日は早朝から降った雪で幻想的な雰囲気に包まれ、写真愛好家らが撮影に訪れた。

 那珂川の支流、江川にある龍門の滝は、高さ約20メートル、幅約65メートル。水量が多い時は滝の流れる範囲が広く、豪快に落ちるのが特徴だ。観光ガイドを務める沢村俊夫(さわむらとしお)さん(67)によると、10日ごろから結氷部分が大きくなったという。

 12日は滝の両端で水が流れる一方、中央部はつらら状に凍っていた。JR烏山線の蓄電池駆動電車「アキュム」が滝の上を通る瞬間を狙って撮影に訪れたという高根沢町平田、吉井孝男(よしいたかお)さん(79)は「早朝から来たかいがあり、いい写真が撮れた」と満足そうだった。