昨年12月の大阪戦でシュートを放つブレックスのピーク。好調を維持し、天皇杯準々決勝でも勝利の鍵を握りそうだ

第96回天皇杯全日本選手権3次ラウンド組み合わせ

昨年12月の大阪戦でシュートを放つブレックスのピーク。好調を維持し、天皇杯準々決勝でも勝利の鍵を握りそうだ 第96回天皇杯全日本選手権3次ラウンド組み合わせ

 バスケットボールの第96回天皇杯全日本選手権3次ラウンド(日本バスケットボール協会主催、共同通信社、下野新聞社など共催)は13日に各会場で準々決勝を行い、B1宇都宮ブレックスは午後7時半から、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)でB1大阪と激突する。前回4強止まりで、悲願の初優勝に向けて負けられない一戦。安斎竜三(あんざいりゅうぞう)監督は「しっかり準備をして臨みたい」と意気込んでいる。

 ブレックスは今季リーグ戦で22勝5敗。エース比江島慎(ひえじままこと)がけがで戦線離脱しているが、昨季とほぼ変わらない陣容で攻守の完成度を高め、強豪ぞろいの東地区で首位に立っている。