見頃を迎えた足利学校の寒紅梅=11日午前11時15分、足利市昌平町

 栃木県足利市昌平町の史跡足利学校で学校門脇の寒紅梅が見頃を迎え、冬本番の景色に彩りを添えている。

 寒紅梅は、1668年創建の学校門東側に植えられ、樹齢46年。同学校事務所によると、例年より2週間早い昨年12月14日に開花し、現在八分咲き。2月中旬ごろまで楽しめるという。門西側の白梅もつぼみが膨らみ始め、北庭園のロウバイは5割程度開花している。

 成人の日の11日は、午前10時を過ぎても気温が零度台と冷え込む中、訪れた人が曇天に映える紅色の花を見上げ、頬を緩ませた。

 家族4人で訪れた茨城県境町、小学3年伊藤伊央(いとういお)さん(9)は「こんなに寒いのにきれいに咲いていてすごい」と元気をもらった様子だった。