雑草や雑木がなくなり広くなった市道

 【宇都宮】清原地区北部の市道に不法投棄が相次いだ問題で、地元の板戸町とゆいの杜(もり)刈沼両自治会はこのほど市道周辺の草刈りを行った。車道の幅が確保され、車の通行が可能となった。

 不法投棄されていた市道は、板戸町の県道宇都宮向田線(宇都宮テクノ街道)と国道408号を結ぶ約800メートル。昨秋までに市がごみを撤去し、両自治会が道路周辺を清掃していた。