後半13分、矢板中央のMF小川(左)とFW小森(右)が相手と競り合う=埼玉スタジアム

前半20分、矢板中央のMF唐橋(右)が相手と競り合う=埼玉スタジアム

後半13分、矢板中央のMF小川(左)とFW小森(右)が相手と競り合う=埼玉スタジアム 前半20分、矢板中央のMF唐橋(右)が相手と競り合う=埼玉スタジアム

 第99回全国高校サッカー選手権大会第5日は9日、埼玉スタジアムで準決勝2試合を行い、矢板中央は0-5で青森山田に完敗し、初の決勝進出を逃した。矢板中央は2年連続4度目の3位。

Web写真館に別カットの写真

 矢板中央はDF島崎勝也(しまざきかつや)のロングスローなどセットプレーで先制を狙ったが、相手の堅い守りを崩せなかった。前半16分に先制点を奪われ、星景虎(ほしかげとら)、小川心(おがわしん)の両MFを投入して流れを変えようとしたが、35分にロングスローからヘディングシュートを決められ、前半を0-2で折り返した。

 後半は開始1分、ロングスローから追加点を許すと、直後の5分にも失点。GK藤井陽登(ふじいはると)も好セーブで奮闘したが、29分に決定的な5点目を奪われた。青森山田はMF安斎颯馬(あんざいそうま)がハットトリックを決め、3大会連続で決勝に進んだ。

 山梨学院は帝京長岡(新潟)に2点のリードを追い付かれたが、2-2からのPK戦はGK熊倉匠(くまくらたくみ)が好守を見せて3-1で制した。

 山梨学院は11大会ぶり2度目、青森山田は2大会ぶり3度目の優勝を目指し、11日午後2時5分から同会場で対戦する。