県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者数(9日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者数(9日発表)

 県と宇都宮市は9日、計138人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。5日連続で100人を超えた。福祉施設2カ所と事業所1カ所で、計3件のクラスター(感染者集団)が発生した。累計感染者数は2392人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 県内22例目となる下野市の高齢者福祉施設では3~9日に入所者18人、職員9人の計27人の感染が判明した。23例目の佐野市の障害者施設では8、9日に入所者11人、職員2人の計13人の感染が確認された。県はいずれも室内衛生管理などを発生原因としている。

 24例目の宇都宮市の事業所では同僚5人が感染した。従業員10人前後の事業所で、車での移動中にマスクを外しての飲食があったという。他の従業員については検査中。

 新規感染者は10歳未満~90代の男女。居住地別では宇都宮市56人、小山市16人、佐野市14人、足利市9人、野木町8人、下野市7人、栃木市5人、真岡市4人、さくら市、上三川町各3人、那須烏山市、高根沢町、壬生町、芳賀町、塩谷町各2人、茂木町、市貝町各1人、群馬県1人だった。

 直近1週間の新規感染者は771人で、過去最多を更新した。重症者も4人増え15人となり、重症病床の稼働率は32・6%で過去最大値となった。

 県と宇都宮市は9日、496件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は計8万2123件、退院者1289人、入院者164人、宿泊療養者60人、入院調整中805人。