第99回全国高校サッカー選手権大会第5日は9日、さいたま市の埼玉スタジアムで準決勝2試合を行い、本県代表の矢板中央(4大会連続11度目)は0-5で前回準優勝の青森山田(24大会連続26度目)に敗れ、同校初の決勝進出はならなかった。

 矢板中央は前半16分に右サイドを崩されて先制点を奪われると、35分にはロングスローからのヘディングシュートで追加点を許した。後半も開始1分、5分に連続失点。MF小川心、星景虎らが攻め込む場面もあったが最後までゴールを割れず、29分に5点目を決められて力尽きた。