日光市で6月、女性に乱暴した後、包丁で背中を刺したとして強姦(ごうかん)と殺人未遂の罪に問われた日光市鬼怒川温泉大原、無職小倉勝明(おぐらかつあき)被告(35)の裁判員裁判判決公判が18日、宇都宮地裁(二宮信吾(にのみやしんご)裁判長)で開かれた。「自らの犯行の隠蔽(いんぺい)のために全く落ち度がない女性を殺害しようとするのは身勝手さが際立っている」などとして求刑の懲役12年を上回る懲役14年の判決を言い渡した。

 弁護側は殺人未遂罪について、被告が加害行為を途中で中止し救急車を要請したとして刑の減軽を主張し、争点となっていた。

 二宮裁判長は判決で、女性は肺を一部損傷し出血性ショックを起こすなど「命に関わる極めて危険な状態に陥っていた」と指摘した。

 さらに小倉被告は女性の容体を見守る必要があったのに介抱などもせず現場を立ち去り、「救助する意思はなかった」と認定。刑の減軽は「さらなる加害行為をしないだけでは足りず、死亡の危険を消滅させる積極的な行為が必要」として認めなかった。