【宇都宮】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、宇都宮オリオン通り商店街振興組合は8日、オリオン通りで17日に予定していた「初市inオリオン通り」を2月11日に延期することを決めた。

 同振興組合の役員と県街商協同組合県央会が協議して決定。同振興組合の担当者は「『Go To 商店街事業』が2月7日まで一時停止となったほか、緊急事態宣言が発出されたことも踏まえた」としている。

 市内の初市は、例年1月11日に上河原通りで実施されるが、今年は新型コロナの影響で規模を縮小しオリオン通りでの開催が計画されていた。