店に入るとショーケースにずらりと並ぶ12種類のマフィン。県内では珍しいというマフィンを専門的に提供するカフェだ。

 2011年に市内にオープンし、4年前に現在地へ移転した。オーナーは米国の文化が好きな室井由香理(むろいゆかり)さん(44)。店内はマンハッタンで撮影した写真などを飾り、「アメリカンテイスト」で統一。外国人客も多い。

 人気のマフィンは「ブルーベリークランブル」(税込み240円)。大粒のブルーベリーをふんだんに入れ、砕いたサブレ生地を表面にトッピングし、サクサク感が楽しめる。

 オリジナルメニューの考案にも力を入れる。約2カ月で4種類を替えており、5月は「キャラメルアップル」(260円)や「枝豆とチーズのマフィン」(300円)などが楽しめる。

 ドリンクはドリップコーヒーや紅茶など約20種類を用意。しっかりとしたコーヒーの味がしつつ、ミルクの甘みもあるバランスの取れた「カフェラテ」(430円)が好評という。

 「米国でマフィンは、コーヒーに合うお菓子として日常的に食べられている」と室井さん。「いろんなマフィンを提供し、もっと身近に感じてもらえれば」と力を込めた。

 ◆メモ 那須塩原市井口502の44。午前10時~午後6時。木曜、第1、3、5水曜定休。(問)0287・48・6612。