塩原温泉竹取物語をプロデュースする宇大生ら

 【那須塩原】宇都宮大地域デザイン科学部の4年生3人が、塩原温泉街で毎年開かれる竹灯籠によるイルミネーションのイベント「塩原温泉竹取物語」(塩原温泉観光協会主催)を新たにプロデュースする。7日には、塩原もの語り館で地域の周遊性を高めるイベント構成や簡略化した竹灯籠のデザインなどを紹介した。23日~3月31日に開催する予定。

 塩原温泉の冬の誘客を狙ったイベントで、箒川沿いに約千本の竹灯籠を並べて温泉街の夜を演出する。6回目となる今年は、実行委からの依頼で同学部建築環境研究室の学生3人がアイデアを出すことになった。