女性の視点で小山市を盛り上げようと勉強会に集まった参加者

 【小山】女性の視点や発想をまちづくりに生かそうと、民間の女性のシティープロモーションチーム「Sakutto OYAMA」(サクッと小山)が発足し、このほど勉強会を開いた。市の呼び掛けに応じた20~40代の22人が参加し、イベントや会員制交流サイト(SNS)などで市内のおいしい飲食店や話題の発信、独自商品の販売などを通して市を盛り上げる。

 チームの目的は新しい人の流れをつくり、全国の若者や女性から選ばれるまちを実現すること。チーム名は、美しい花を咲かせる市の花オモイガワザクラ(思川桜)、買い物やお出掛けが「サクッと」気軽にできる街、迅速な意思決定などからイメージして名付けた。

 4月からの本格始動に向けて、アイデアを練り始めた。当面は1月から市のコミュニティーFMラジオ「お~ラジ」へ月に1度の定期出演、新潟県南魚沼市で活動している女性チームを招いた講演会が決まっている。講演会はオンラインの方向で日程調整中という。