さのまるに寄せられた多彩な年賀状

さのまるに寄せられた多くの年賀状

さのまるに寄せられた多彩な年賀状 さのまるに寄せられた多くの年賀状

 佐野ブランドキャラクター「さのまる」の誕生日を祝う「第5回さのまるの日イベント」が新型コロナウイルス禍を考慮し、オンラインを中心に開かれることになった。感染予防のため、今月25日~3月31日の分散開催となる。

 さのまるは2011年2月25日に誕生したとされ、栃木県佐野市はこの日を「さのまるの日」に制定。同イベントは17年から、市や市民で組織する実行委員会が例年2日間開いている。昨年は感染症の影響で中止となった。

 今年は、市内企業を巡りスマートフォンで専用QRコードを読み込む「モバイルスタンプラリー」などを企画した。さのまるグッズや市の特産品を提供する。

 2月21日は各地のご当地キャラクターと一緒にステージイベントを開く。会場は調整中。事前予約制で、参加できないファン向けに動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信する。市の担当者は「感染状況を見ながら慎重に開催する。オンラインをうまく利用して誕生日を祝ってほしい」と話した。

 一方、市は、さのまる宛ての年賀状が海外からも含め1520通(6日現在)届いていることを明らかにした。市は8日、送り主に対し、牛の着ぐるみを着たさのまるをデザインしたカードの発送を始める。