八溝山麓で採れた玄ソバから作る手打ちそばを味わえるが、それだけではない。甘さの中にそばの風味が香る「蕎麦(そば)ゼリー」(ドリンクセット税込み650円)や「蕎麦がゆぜんざい」(680円)など、豊富なメニューを楽しめる。

 緑豊かな一画にたたずむ住宅兼店舗は、2017年10月にオープンした。

 店主の斎藤秀一(さいとうひでかず)さん(68)は「自分の家にいるように、のんびり過ごしてほしい」と話す。

 ソバは製粉の際に粗びき程度にとどめ、豊かな香りを引き出す。そば、そば雑炊にデザート、サラダなどが付いたランチメニュー「そばぞうすいランチ」(1080円)をはじめ、だしを加えることで二つの味を楽しめる釜飯なども提供している。

 元々焼き肉店を経営していた斎藤さんが、本格的にそば打ちを始めたのは14年ほど前。友人に誘われ入門したそば打ち道場で魅力にはまり、今では教室を主宰するほどに。食べた人の笑顔が原動力だという。その気持ちは今も変わらない。

 「おかゆや雑炊、デザートといった多彩なそばの食べ方を提供して、お客さんに喜んでもらいたい」

 ◆メモ 大田原市大豆田487の4。昼の部午前11時半~午後3時、夜の部午後5~9時(ラストオーダー8時半)。水曜、木曜定休。電話予約可能。(問)同店0287・54・2483。