那須街道近くにたたずむ白い洋風の建物。店内はぬくもりを感じる空間が広がる。「結婚当初からいつか2人でカフェを開く夢があった」と振り返るオーナーの宮谷壮一郎(みやたにそういちろう)さん(42)。5月でオープンから2年を迎えた。

 店舗は施主も家造りに参加する「ハーフビルド」で建てた。欧州風の建物にしようと、2人で外壁の塗装や内装などを手掛け、約半年かけて完成。客席の六つの木製テーブルも自分たちで製作した。

 デザートは4種類で、お薦めは妻佳生子(かなこ)さん(42)手作りの「チーズケーキタルト」(税込み450円)。「しっとりとしたチーズとサクサクのタルトがおいしい」と評判だという。

 那須高原の牛乳を使用した「アイスカフェラテ」(450円)とセットで注文する客も多い。ドリンクは、コーヒーやオリジナルブレンドのハーブティーなど約30種類をそろえる。

 宮谷さんのモットーは「地元に愛されるカフェ」。おもてなしとして、客との会話を大切にしている。客層はカップルや親子連れ、地元の主婦、農作業を終えた近所の人と幅広い。約7割がリピーターだ。宮谷さんの思いは夫婦二人三脚でかないつつある。

 メモ 那須町高久甲5109の10。午前8時~午後4時半(ラストオーダー4時)。日曜定休。(問)0287・74・5726。