新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宇都宮市内で新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受け、佐藤栄一市長は6日夜、市役所で記者会見し、市内全域を対象に独自の「緊急事態宣言」を発出した。期間は6~31日。同市による緊急事態宣言は初めて。

 市内の陽性者は12月29日~今月4日の1週間で204人に上った。市は5日に過去最多の69人の感染を公表し、6日の感染者はさらに最多を更新する77人となった。佐藤市長は「市民の生命・健康を守るため協力を強くお願いする」と述べ、東京、埼玉、千葉、神奈川1都3県への往来、午後8時以降の外出の自粛などを訴えた。