新型コロナウイルス感染拡大の影響で減収した個人事業者らに国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして、県警捜査2課と今市署は6日、詐欺の疑いで那珂川町、無職(21)、日光市、無職男(20)、日光市、会社員男(20)の3容疑者を再逮捕した。会社員男は容疑を一部否認している。