後半9分、矢板中央のMF小川が先制点を奪い、仲間と抱き合って喜ぶ=東京・駒沢陸上競技場

 第99回全国高校サッカー選手権大会第4日は5日、東京都の駒沢陸上競技場ほかで準々決勝を行い、栃木県代表の矢板中央は富山県代表の富山第一(6年連続31度目)と対戦し、2-0で快勝。2年連続となる4強入りを果たした。

 矢板中央は0-0で迎えた後半9分、途中出場のMF小川心がカウンターからの縦パスに飛び出して先制点を奪うと、26分にはゴール前の混戦からDF新倉礼偉が追加点を決めた。守ってはGK藤井陽登を中心に高い集中力を保ち、2試合連続で完封した。

 準決勝は9日に埼玉スタジアムで行われ、矢板中央は午後2時20分から、青森県代表の青森山田(24年連続26度目)と対戦する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、準決勝と決勝は無観客で行われる。