福田富一(ふくだとみかず)知事は4日の年頭訓示で、県内のマイナンバーカード交付率100%を年内に目指すことを宣言した。県が掲げるデジタル化をさらに推進し、行政サービスの質や県民の利便性の向上を図るという。

 総務省によると、県内のカード交付枚数は41万8298枚(昨年12月1日現在)で、交付率は21・3%。新型コロナウイルス対策の特別定額給付金の申請や、ポイント還元事業「マイナポイント」により交付数は増えているが、全国平均の23・1%を下回る。